転職術

派遣社員で転職ってどうなの?(派遣社員体験談)

転職術

私は派遣会社を4社渡り歩いています。派遣社員歴10年以上、派遣会社の登録社数なら10社は越えると思います。派遣社員での転職についてまとめてみました。

派遣社員と正社員との違いは?

仮にケロちゃん商事に正社員と派遣社員がいたとします。
正社員はケロちゃん商事が直接雇用した社員です。派遣社員はケロちゃん商事の社員ではありません。派遣元の人材派遣会社に雇用されて、ケロちゃん商事に派遣されている社員です。

ケロちゃん
ケロちゃん

会社によっては、正社員を管理しているのは人事部、派遣社員を管理しているのは資材部だったりするよ。「私たちはファイルやクリップと同じ扱いかい!」と愚痴ることもあるけど、事実なんです。

仕事内容は正社員も派遣社員もほぼ変わりません。下手したら正社員よりも仕事ができる、スーパー派遣社員も存在します。仕事に対する責任においては、正社員のほうが重いかもしれませんが、それも会社次第といったところです。

派遣社員とは?

派遣社員には大きく2種類の働き方があります。一般派遣、無期雇用派遣について簡単に説明してみます。

一般派遣

  • 雇用期間に定めがある雇用
  • 求職者が派遣会社に登録し、派遣先が決まった時にのみ、派遣会社と契約し賃金が発生する
  • 時給計算が基本

無期雇用派遣

  • 雇用期間に定めがない雇用
  • 月給制・賞与あり
  • 派遣元の給与テーブルに基づく

一般派遣で同じ職場で通算5年働いた後は、無期雇用転換することができます。
派遣先との契約が切れたとしても、無期雇用派遣の場合、待機中は給与が支払われます。一般派遣からの無期雇用については、待機中の給与は6割と定めている会社が多いです。ただし、無期雇用派遣は、一般派遣のように仕事先を選ぶことができないのがほとんどです。

ケロちゃん
ケロちゃん

一般派遣よりも派遣会社の正社員として無期雇用契約で働いたほうが、お給料が良かったり、賞与がもらえたりすることも。常駐先との契約が切れたとしても、待機中の給与を100%保証してくれる派遣会社もあるんだ。うれしいよね!

実際、派遣で働いてみた

私の場合、一般派遣で同じ職場で通算5年働いた後に、無期雇用転換したことがあります。給与は時給ではなく、派遣元のWebディレクターの給与テーブルでの月給となりました。私の場合、一般派遣で時給でいただいたほうが、無期雇用より給与が若干良かったのです。給与を上げて欲しいと交渉もしましたが、それも叶わず退職することに。

次は最初から無期雇用のWebクリエイター専門の派遣会社に正社員として採用してもらいました。給与が上がりましたし、評価も上がれば賞与も多めにいただけました。待機中も100%給与保証してもらえたのは良かったです。個人的に違う職種にチャレンジしたくなり、退職することになりました。一般的な会社の正社員並に、とはいかなくても、それに匹敵するような待遇の派遣会社があることも確かです。

ケロちゃん
ケロちゃん

待機中はスキルアップのために資格取得の勉強をしたり、社内の仕事をしたりすることも。待機が長引くと、辛くなって辞めてしまう人も。営業さんと仲良くなって、お仕事をたくさん紹介してもらいましょう。

現在はデジタル・マーケティングが強い派遣会社と契約して、月給制で働いています。

派遣のメリット・デメリット

派遣のメリット

  • 残業少なめ、時短勤務など、あなたのライフスタイルとマッチした条件の仕事が探しやすいです。プライベートを大切にしたい人にはオススメ。
  • 大手企業からベンチャーまで、様々な会社を経験して、スキルアップが可能です。正社員では入社が難しい会社も、派遣社員で働くことができます。
  • あなたのスキルに合わせて、派遣会社が会社選びをサポートしてくれます。未経験からでも始められる職種もあるので「こんな仕事をやってみたい」とダメ元で相談してみるのもアリです。仕事のブランクがある方も、気軽に相談してみては。
ケロちゃん
ケロちゃん

会社によって福利厚生に特色があります。ニコタマ(二子玉川)にある某R社さんの社員食堂はとっても良かったよ。朝・昼・夜、三食社食が無料、しかもメニューが豊富でとっても美味しい。数ヶ月のお仕事だったけど、太ってしまって大変(笑)。

派遣のデメリット

  • 派遣期間に上限があります。あなたの働きが評価されなければ契約更新されなかったり、常駐先の都合で契約打ち切りとなる場合もあります。
  • 仕事の評価がされにくいので、給与が上がりづらいのは確かです。派遣会社に対して、積極的に交渉しない限りは時給は据え置きのままだと思ったほうがよいです。
  • 派遣のキャリアは、正社員のキャリアと比べて、評価されにくい傾向にあります。正社員での転職を望んでいる方は、派遣社員はあくまでも正社員になるための「つなぎ」と考えて、正社員になるための転職活動を同時並行で進めたほうが良いと思います。
ケロちゃん
ケロちゃん

細かいところでは、派遣社員は電車遅延は認められないので、遅刻扱いになります。給与から引かれるので注意。住民税が給与から引き落とされない会社があります。いただいた手取りから住民税を支払うことになるので、住民税の支払い分は確保しておきましょう。

最後に

私自身、長年派遣社員で楽しく過ごしています。いろんな会社を見てまわれるのと、やりたい仕事が選べるのがメリットに感じています。会社が変わるたびに、人間関係を再構築していく必要があるので、それが苦にならない方は派遣で仕事をするのはアリです。

個人的にオススメしない派遣の働き方は、下請けや孫受けで仕事をすることです。仕事の伝達が遅くなる上に、時給も少なかったりします。「良さげな案件だな」と思って申し込んでみたら、別の派遣会社の請負案件だったということもありました。

求人票の内容と、面談での説明が全く違うことはよくあります。営業が仕事内容を把握していないケースは日常茶飯事なので、きっちり面談で見極めていきましょう。派遣は「ガチャ」だなって思う時はこんな時です。いい営業&派遣元、いい派遣先に出逢うことを心から祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました